お問い合わせ受付時間 平日9:00-17:00
資格専用電話番号
03-3851-6743

資格認定制度について

技術者資格認定制度

 この制度は、あと施工アンカーの安全性の確保と施工技術の向上を図るために、国土交通省をはじめ、学会、関係機関・団体等の代表の方々のご協力によりご審議頂き作成された技術者資格認定制度基本要綱に基づき、オーソライズされた技術者資格認定制度です。

 「あと施工アンカー施工士®」(以下、施工士という)または「あと施工アンカー技術管理士」(以下、技術管理士という)の資格を得るためには、「あと施工アンカー資格認定試験」に合格し、登録申請を行って「認定資格登録証」(以下、登録証)を(一社)日本建築あと施工アンカー協会(以下、JCAAという)会長から交付を受ける必要があります。

登録証を受領することで、資格保有者となります。(講習により資格を取得することはできません。)

資格には有効期限があり、5年毎に更新手続きをし、更新講習を受講して頂きます。(平成30年実施の更新講習より、技術管理士の更新講習受講義務化が決定されました。)

資格取得の流れ

ユーザーIDを取得してマイページを作成して下さい

 個人情報を登録して下さい(顔写真や受験資格になる証明書などをアップロードして下さい)

資格のご紹介

技術水準

 下表のように、施工者の資格は、種類(第2種、特2種、第1種)により施工範囲が決められています。第1種は施工範囲に制限はなく、あと施工アンカーの耐力試験、及び結果に関する評価、あと施工アンカーの選択、母材の判断を伴うもの等の技術能力を有します。

 管理者の資格(技術管理士)は、工事現場におけるあと施工アンカー工事を適正に実施するため、当該工事の施工計画及び施工図の作成、工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工管理を的確に行うために必要な技術能力(あと施工アンカーの耐力試験結果に関する評価を含む)を有します。

 施工と管理の資格(主任技士)は、第1種施工士と技術管理士の両資格の保有者で、資格試験ではなく申請して取得します。

資格の種類 施 工 者 の 資 格 管 理 者 の 資 格 施 工 と 管 理

第2種施工士

詳細はこちら

特2種施工士

詳細はこちら

第1種施工士

詳細はこちら

技術管理士

詳細はこちら

主任技士

詳細はこちら

施工範囲 M12以下
D13以下
M22以下
D22以下
制限なし × 制限なし
耐力試験 △※1 △※1
試験評価 × ×
アンカー選択 × ×
母材判定 × ×
施工計画 × × ×

※1 △印は、上位有資格者(1種、技管、主任)の立会い指示の下、耐力試験の支援作業は可能です。

一般技術講習

資格の種類 第2種施工士 特2種施工士 第1種施工士 技術管理士 ※一般技術講習は受験に対しての義務講習ではありませんので、どなたでもご受講頂けます。
講習名称 初級講習【1日】

詳細はこちら

ご注意
一般技術講習は、施工に必要な基礎知識・技能の習得を目的として開催されますが、座学であり、実技の実演などの講習はありません。
しかし、施工に必要な基礎知識・技能の習得において「初級」の受講をお勧めします。
上級A【1日】

詳細はこちら

上級B【2日間】

詳細はこちら

料 金
【会 員】
13,900円
【6,950円】
17,000円
【8,500円】
32,400円
【16,200円】
申込時期 4月上頃~5月中頃 4月上頃~5月中頃 4月上頃~5月中頃
開催時期 6月中旬~7月下旬 6月中旬~7月下旬 6月中旬~7月下旬
開 催 地 全国主要都市にて 全国主要都市にて 東京・大阪

上表の料金はWEB(インターネット)申込時の料金です。紙申込の場合は上表の料金+3,000円となります。
また、この他にWEB申込・紙申込ともに振込手数料がかかります。

スケジュールは目安となりますので、必ず協会HPに掲載されているスケジュールをご確認ください。

資格試験(資格を保有するには、資格試験に合格したあと登録申請が必要です)

資格の種類 第2種施工士

詳細はこちら

特2種施工士

詳細はこちら

第1種施工士

詳細はこちら

技術管理士

詳細はこちら

試験形態

筆記試験のみ 実技試験のみ 筆記試験合格者は
実技試験あり
筆記試験のみ
受験条件 ●15歳以上
●中学卒業以上
●第2種資格登録後受験申込日までに6ヶ月経過を要す
●第2種の資格更新対象者は不可
●第2種の登録または
  特2種の登録
●条件が複数あります
詳しくは資格試験を参照ください
料   金
【 会 員 】
14,900円
【7,450円】
46,200円
【23,100円】
筆記 14,900円
【7,450円】
14,900円
【7,450円】
実技 46,200円
【23,100円】
申込時期 6~7月頃 日程一覧でご確認ください 筆記 6~7月中頃 6~7月頃
実技 10月頃
開催時期 9月上旬 筆記 9月上旬 9月上旬
実技 10~11月頃
開催地 全国主要都市にて 全国主要都市にて 全国主要都市にて
合否発表 10月下旬 受験月より4カ月以内 筆記 9月下旬 10月下旬
実技 12月下旬

上表の料金はWEB(インターネット)申込時の料金です。紙申込の場合は上表の料金+3,000円となります。
また、この他にWEB申込・紙申込ともに振込手数料がかかります。

スケジュールは目安となりますので、必ず協会HPに掲載されているスケジュールをご確認ください。

登録申請

申込期限 資格試験合格者は、対象の筆記試験実施日から2年後の同じ月の月末までに申請してください。(2年後の9月30日まで)
(特2種は実施年度の翌年度末までとします。)
登録申請することで登録証を作成します。
詳細はこちら
登録申請して登録証がお手元に届いて初めて資格保有者(登録者)となります。ご注意ください。
有効期限 有効期限は筆記試験合格から5年後の3月31日までとなります。
料  金
【会 員】
7,200円 (1資格当たり)
【3,600円】

上表の料金はWEB(インターネット)申込時の料金です。紙申込の場合は上表の料金+3,000円となります。
また、この他にWEB申込・紙申込ともに振込手数料がかかります。

資格更新(5年ごとの受講が必要)

平成30年(2018年)実施の更新講習より、技術管理士の更新B受講が義務化となりました。
よって、技術管理士の更新対象者は更新B受講となります。

 

技術管理士と第2種(または特2種)の資格を併有している場合、技術管理士の資格更新時に技術管理士の更新を行うことで第2種(または特2種)の受講を免除し、有効期限を技術管理士にそろえていきます。その際、第2種(または特2種)の有効期限の延長が5年(またはそれ以上)となる場合は、登録更新料がかかりますが、5年未満の場合は免除となります。

*第2種(または特2種)が先に更新対象となった場合は、第2種(または特2種)の更新のみを行ってください。

ただし、特例等もございますので、必ず更新対象者に郵送されます「更新講習のご案内」をよく読み、お手続きしてください。

資格の種類 第2種施工士 特2種施工士 第1種施工士 技術管理士 主任技士



名称 更新A【1日】

詳細はこちら

更新B【1日】

詳細はこちら

受講
料金
11,800円
【5,900円】
13,900円
【6,950円】

登録
更新
料金

7,200円 (1資格当たり)
【3,600円】(1資格当たり)
開催地 2月~3月頃 全国主要都市にて実施 ※ 対象者にはJCAAより通知いたします。
料 金
【会員】
※ 更新講習申込時の登録内容で登録証を作成し、受講日当日、更新講習修了後、5年有効期限の延長された登録証を受講票と交換で、お渡しします。 更新講習申込時、受講料金と登録更新料を合わせてお支払頂きます。

※ 2資格(技術管理士とそれ以外の資格)を同時に更新する(有効期限5年以上の延長)場合の更新費用は、28,300円【会員14,150円】になります。

上表の料金はWEB(インターネット)申込時の料金です。紙申込の場合は上表の料金+3,000円となります。
また、この他にWEB申込・紙申込ともに振込手数料がかかります。