一般社団法人日本建設あと施工アンカー協会

閉じる

接着系あと施工アンカー評価認証内容

接着系あと施工アンカー評価認証内容

評価認証項目 詳細
構成部品 1 カプセル容器 所定の方法により明示する。
2 接着剤関連 材質 主材、硬化剤、骨材の材質を明示する。
強度 接着系あと施工アンカー評価認証内容
3 物性 圧縮強さ 98.0N/mm2 以上 引張り強さ 19.6 N/mm2 以上
曲げ強さ 29.4N/mm2 以上 圧縮弾性係数 980 N/mm2 以上
耐アルカリ性 質量変化率10%以内
4 アンカー筋関連 種類 全ねじボルト(メートル並目ねじJIS B0205)、異形棒鋼(JIS G3112)種類と呼び名(径)は別添資料による。
先端形状 片面カットおよび両面カット
外観 下記を満たすものであること。
1) 油、きりかすなど異物が表面に付着していないなど、アンカー筋表面に定着を阻害するものがないこと。
2) ナットを篏合する部分のねじが損傷していないこと。
5 材質 JIS規格品はJIS規格番号を、JIS規格以外のものは材質を明示する。
表面処理 表面処理の方法、検査方法及び表面処理の外観を明示する。
6 強度 アンカー筋の引張り強さ、規格降伏点ならびに伸び率を明示する。
ねじ等級 形状・寸法・許容差を明示する。
構成部品 7 ドリル径と許容差 使用するドリルの径と許容差を明示する。
8 穿孔深さと許容差 施工方法及びアンカー筋の埋込み深さを所定の方法により施工要領書により明示する。
9 母材の種別 普通コンクリート
10 設計基準強度の範囲 18 N/mm2以上、36 N/mm2 以下
11 環境条件(固着後) 外気温-5℃以上、80℃以下とする。
12 引張耐力算定式 破壊形式に応じて適用する式(1) から式(3)に対して95%以上の信頼性を有している。
13 引張剛性 あと施工アンカーの引張剛性が、下記の条件を95%以上の信頼性を持って満足している。
14 せん断耐力算定式 次式に対して、95%以上の信頼性を有している。
15 せん断剛性 0.6Qmc 時又は0.6 Qmu 時における水平変位量が5mm以下又は0.3d(d:アンカー筋の呼び名) 以下であることに対して、95%以上の信頼性を持って満足している。

形  状

  • 有機系、形状
  • 無機系、形状

カプセルの寸法は、容器の外径Dと長さLにより表示する。

ドリルの穿孔深さ

  • 穿孔深さ:母材表面と孔底までの距離をいう。但し、孔底の円錐状部分を含まない。
  • アンカー筋の埋め込み深さ:母材表面とアンカー筋定着部までの距離。
ドリルの穿孔深さ