一般社団法人日本建設あと施工アンカー協会

閉じる

試験センター

試験センター「JNLA登録試験事業者」に登録

当協会の試験センターが、JIS A 1108(コンクリートの圧縮強度試験方法)に関して独立行政法人 製品評価技術基盤機構(National Institute of Technology and Evaluation :略称NITE)認定センターから産業標準化法に基づく試験事業者登録制度(JNLA)の登録試験事業者として2020年1月29日に登録されました。

認証マーク

1.JNLA とは
JNLAとは、 Japan National Laboratory Accreditation system の略称で、 日本産業規格( JIS )に定められた試験を実施する試験所を対象とした制度で、試験事業者のマネジメントシステムや試験施設 、機器などが試験を実施する上で適切かどうかを JIS Q 17025 (試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項)に従って、NITE 認定センター(前出)の審査を受け、登録されるという制度です。JNLA制度で登録された試験事業者は、その証(あかし)として特別な標章(シンボル)入りの試験報告書を発行することが出来ます。


2. JIS Q 17025 とは
JIS Q 17025 は、サンプリングを含め試験を行う事業者が、的確に運営を行い、公平で、妥当な試験結果を提供する能力を有するために必要な要求項目を定めた規格です。具体的要求事項は、一般事項(公平性、機密保持)をはじめ 、組織構成(ラボラトリ活動に求められる要件)、資源(要員、施設及び環境条件、設備他)、プロセス(依頼、見積及び契約、試験方法、記録 、結果の報告等)及びマネジメントシステム(文書化、 文書・記録の管理、是正、内部監査、マネジメントレビュー等)に関する要求事項に分けて示されています 。

3. 品質方針

品質方針

●当試験センターが実施する試験、サービス業務に関して、お客様より提起された苦情に関しては、「苦情受付報告書」で受付、その後試験センター内で内容確認、精査後、協議結果並びに対応報告は、「苦情受付報告書」にて報告いたします。


4.登録によって何ができるか
あと施工アンカーの各種性能試験(例:JR東日本向け耐久性試験)に使用するコンクリートの強度に関して、第三者として妥当な試験結果を提供することができます。


5.今後の予定
あと施工アンカーの性能試験方法は、日本産業規格(JIS)に含まれていないためJNLAの登録試験事業者となることは出来ないが、
・製品認証に係るあと施工アンカーの引張試験、せん断試験及びその他の試験
・JR東日本向け耐久性試験(長期持続荷重試験、耐アルカリ性試験)
などに関して、同じようなシステムを構築して運用し、的確な運営を行い、「自己適合宣言書」を作成することで、あと施工アンカーの性能について公平で、妥当な試験結果を社会に提供していく予定です。

                                              以上